呼吸について

ぱっつんの女性

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が何度も止まってしまう病気のことです。 眠りは心や身体の疲れを取り、エネルギーを満たすための重要な役割を果たしていますが、睡眠時無呼吸症候群になると呼吸が止まるたびに脳が覚醒しまうため、眠りが浅くなってしまい、いくら睡眠をとっても眠気や疲れが取れない状態が続いてしまいます。 医療機関では睡眠時無呼吸症候群の症状に合わせて、手術や呼吸をしやすくする装置など様々な治療法がありますが、ほとんどは保険適用となるため金銭的負担を感じることなく治療をすることができます。 しかし、治療を始めて症状が良くなっても、加齢や体型の変化等で症状が再発することもあるので、定期的な検査も必要となります。

睡眠時無呼吸症候群の治療法は、医療の進化とともにどんどん増えています。最近では、手術においてもレーザー治療が取り入れられるなど最先端の技術も取り入れられています。 睡眠時無呼吸症候群に対する知識もかなり世間に浸透してきてはいますが、子供の睡眠時無呼吸症候群に対しては、あまり知られていないのが実情です。 子供の場合は、大人のように日中に強い眠気を訴えることが少ないため、発見が遅れがちになると言われていますが、睡眠時無呼吸症候群になると眠っている間に活発になる成長ホルモンの分泌が低下し、成長の遅れが出たり集中力が持続しないなどの影響が出てくることがあることがわかっています。 子供の睡眠時無呼吸症候群には多くの場合、手術による治療が行われます。